石本りょうぞうブログ

戦後70年目
今年は1945年に敗戦をしてから70年目にあたる。10ねんまえの戦後60年目と20年前の戦後50年目と比較して10年間の歳月の流れを比較してみると、この10年間の流れは過去のそれぞれの10年間の流れより急激なものに感じる。
特に集団的自衛権をはじめとする安全保障に対する考えは、ここれほど変わるのかと思うほど変わったと感じる人は少なくないだろう。
週せせんの時に二十歳だった人は今年90歳を迎える。男性も女性も平均寿命を大きく超える年齢で、この十年間でこの世代の方々は大きく減少しただろう。現に終戦時13歳だった私の父も5年前に亡くなった。
昨今戦争体験世代が減少したせいか、議論が拙速の感を否めない事を感じることが多い。
昨日久しぶりに大学の将棋愛好会ののメンバーと会った。将棋の戦法や対局感も我々が学生の頃と比較して大きく変化していた。20年の歳月だけでもずいぶん変わるものだとメンバー全員感じていた。
時が流れるということに対しどうしても日々の生活では見逃しがちになるが、今年からは少しでもそうした事にも注視していきたい。
| ishimotoryozo | - | 12:13 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ 最近の投稿
+ 過去のブログ
MOBILE
 
+ ホームページへもどる